SDGsランチセミナー第二弾 開催レポート

【SENQ x SDGs x SuperOrganicHD 主催 】
SDGsランチセミナーシリーズ第二弾 開催レポート   文:ライター 坂本真由美
kim180509-107

第二回目のテーマ ”全ての人に健康と福祉を”  

会社では絶対に教えてくれない幸せを維持する健康な体のつくり方

shutterstock_103383071

Healh&welfare〜WHY VEGGY?〜

スーパーオーガニックでは、イノベーションオフィスSENQ京橋と連携して、SDGsを学べるセミナーを開催しています。その第2弾として5月9日に行われた「“健康と福祉を”会社では絶対に教えてくれない幸せを維持する健康な体のつくり方」をテーマにした講演内容をご紹介します。

登壇されたのは、デザイナーズフーズ株式会社代表取締役社長・デリカフーズホールディングス株式会社取締役未来創造最高役員の丹羽真清氏。野菜を分析して科学的根拠(エビデンス)に基づいた研究を元に、様々な企業と連携し、野菜の大切さを説いていらっしゃいます。また、ビューティーフード研究家でスーパーオーガニック・アンバサダーの室谷真由美氏にインタビュアーとしてご登場いただきました。

kim180509-48

kim180509-123

「WHY VEGGY? なぜ我々は“野菜”を必要としているのか」

セルフメディケーションの時代

スーパーオーガニックの大石さんとは、10年来のお付き合いになります。大石さんが北海道でオーガニック野菜のデリバリーをされていたときに、何回か足を運ばせていただきました。

今日はまずセルフメディケーションを考えていきたいと思います。セルフメディケーションとは、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度の身体の不調は自分で手当すること」。これはWHOが定義し、日本では2013年に閣議決定した「日本再興戦略」の中で、病気にならない方法の模索が掲げられています。

私たち人間には自然治癒力があるので、野菜などの食を通して健康維持をしていくことが可能です。そこでキーワードになるのが「アグロメディカルフーズ」。エビデンスがあり、機能性成分の摂取が可能で、生産段階の機能性成分の含有量が確保・証明される農林水産物のことをいいます。

今、私が日本中に広めたいと考えているのは、“生命食”という考え方です。私たちの細胞は37兆個あるといわれ、三度の食事が細胞を修復し再生します。それは次の世代の人たちに正しい遺伝子を伝えていくことにもつながります。

kim180509-85

この生命食は日本で生産することが望ましいのですが、「主要農作物種子法」が今年から廃止されて、種の入手が困難になっていくことが問題になっています。主要農産物の種を海外に依存するとどうなるか? この問題をどうしたらいいのか、農林水産省の方にお話をしているところです。

デザイナーフーズでは野菜の機能性研究を行っていますが、抗酸化力の測定もその一つで、試験管レベルで研究しています。抗酸化力があれば老化を防ぐことができ、さらに老化からくる病気にかかりにくくなります。測定した野菜をある病院で買っていただいて、食べた人たちの腸内細菌や腫瘍マーカーを測って、野菜が体にどのように影響しているかを医学的に検証していただいています。

32163844_1805014592852619_2543439951488352256_n

色の違いでわかる抗酸化力

野菜は色によっても持っている力が異なります。たとえば大根。青首大根は全体の95%を占め、日本で大根といえば青首大根です。抗酸化力があることで知られていますが、青首大根の抗酸化力を100とすると、紅芯大根は726、そして私の地元・愛知県で開発した紅くるり大根は1100にもなります。つまり、青首大根に比べて、7倍、11倍もの抗酸化力を持っているということ。コストがかかっても、その野菜に価値があることを数値化して提示できれば、売れる野菜になるということです。

31967937_1805014702852608_1656250534501285888_n

野菜をめぐる様々な動き、活動について

厚生労働省によるスマート・ライフ・プロジェクトは、「健康寿命をのばそう!」というスローガンで始まった国民運動です。「1日あと70gの野菜をプラスしましょう」というアクションが掲げられています。

今回、7色の野菜をテーブルにご用意していますが、これは野菜を選ぶ際の目安になるものと考えています。実際に、名古屋のスーパーで7色に分けて、野菜に含まれる成分も明記して並べていただいています。

私たちは野菜の良さをスコア化しています。どういう成分がどのように含まれかがわかれば、選ぶ方法も変わってくるのではないでしょうか。野菜によるセルフメディケーションの一助になるような活動を今後も行っていきたいと考えています。

〜〜およそ1時間に及ぶ丹羽先生のお話は、「精進料理でアレルギーを改善」「野菜から菌を取り入れる」など、私たちの健康に役立つキーワードが満載でした。野菜を食べればいいというわけではなく、バランスが大切で、お勧めは「一汁三菜」。さらに、「まごわやさしい*」という言葉を知って、毎日の食事に取り入れて欲しいとのこと。

スーパーオーガニック・アンバサダーの室谷真由美氏とのやりとりでは、「健康な野菜を取れている人は健康になるということ。室谷さんのようにおキレイだと、本当にそういう食生活をして入れば大丈夫なんだなと感じました」とのコメントをいただきました。

kim180509-200

講演テーマである「幸せを維持する健康な体のつくり方」の答えは野菜にあります。スーパーオーガニックがプロデュースする「BENTONIPPON」のオーガニック弁当をお楽しみいただき、丹羽先生のお話につながるものを参加者の皆様に実感していただけたのではないかと思っています。

SDGsを学べるセミナー、次回の開催(6月6日)もどうぞご期待ください。

*まごわやさしい:まめ、ごま、わかめ、やさい、さかな、しいたけ、いも

SDGs第三回  企業が発信する女性像の最前線 with BENTONIPPON 
〜ディズニー・プリンセスの変化から製品CMまで〜
会社では絶対に教えてくれない不平等の真実

デザイナーフーズ丹羽社長の講演や活動にご興味持った方、生命食セミナーでは丹羽社長がゆっくり時間をかけてお話しされます。ぜひ参加してみて。

デザイナーフーズ  生命食セミナー 東京会場 2018年 5月 29日(火) 14:00 ~ 16:30 (受付:13:45~)

kim180509-241
#ウェルネス #マインドフルネス #vegetable #ベジファースト #健康と福祉 #野菜の力 #野菜を科学する #デザイナーフーズ #丹羽真清 #室谷真由美 #veggy #worklifebalance #ワークライフバランス #ジェンダー平等#genderequality #SDGs #働く女性 #ウィメンズヘルス #妊活 #出産 #産後 #senq #superorganic #キャリア #ママ #オーガニック弁当#bentonippon #pilatis #yoga #ethical #organic #timesup #heforshe#Marchforourlives

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s