わかる?種子法の廃止の意味

おそらくスーパーオーガニックや農業の世界に足を踏み入れなかったら、消費者の立場からしても「種」の持つ世界への影響力について関心を持ったり、知る余地もなかったかもしれない。

FullSizeRender「種子法(主要農作物種子法)」は、今年2月に廃止法が閣議決定され、来年4月1日に廃止される。なぜ?廃止されたのか? そしてこれからの私たちの食や農業は大丈夫なのか?

そもそも種子法とはなんぞや?

種子法のベースにあったのは、敗戦後の日本で国民の食料を確保するという責任から生まれたの法律と理解できる。食料難に備えるためだけではなく、新しい品種をつくるために素材となる品種は、国や都道府県が“公共の資産”として持とうという主旨だ。

が、種子法が廃止され、種の栽培や管理、販売が民間に委ねられた場合、当然ながら民間企業として、種子全体に特許をかけ所有権を主張するということは容易に想像できる。とすると、ロイヤリティを払わなければその種子が使えなり、民間企業による「種子の私有化」を意味するのだ。

私にしてみると最も理解しがたいのが、農家と種屋が別企業ということだったり、農家が毎年種を買い続けなくてはならないF1という種類の種たち。F1は遺伝子組換え操作により1代かぎりの植物が育つので、種を保存し再利用しても再度おなじ種類の植物が採取できない。そもそも種は、自然界のもので何百年、何千年にもわたり、先代から次世代へと大切に残されてきた、いわば自然界のもののはず。私たちはみな、自然界の植物・種に依存し、人間の食料すべては種がないと作れないということ、種がなかったら人類は生き続けられないということを再認識するべきだ。

北海道の瀬棚町に、環境活動家インドのヴァンダナ・シヴァ博士がいらしてくれてから早2年が過ぎた。ヴァンダナさんは、

「たねの支配を、許してはならない」

と明言されるほど、世界の種の企業による私有化を反対されている。私たちのどれくらいが、毎日たべている米や野菜の種はどこから来て誰のものか想像しながら食卓を囲んだこと、あるか?実は世界で生産されている農業物の75%の種は5つの多国籍企業所有のものだということを知っておいて欲しい。と強く語ったのをはっきり覚えている。

この種子法廃止をきっかけに、自分たちが作るもの・食べるものを選択する主権を意識し、種がどこからきて誰に育てられ、誰に保管され、次に栽培されているのか、ぜひ想像してほしい。

seed-vandana-shiva_03

 

seed-vandana-shiva_05

*ヴァンダナさんは、カナダで物理学、科学哲学の博士号を取得後、1987年に有機農業を推進する団体「ナヴダーニャ(9つの種)」を設立。有機農業や種子の保存を提唱する一方、多国籍企業による種子の独占やグローバリゼーションのもたらす矛盾を指摘してきました。

 

FullSizeRenderWriter: リカ・デリシャス : SuperOrganic Founder & Owner. 3人のママ。instagram: rika_delicious,

世界の食のトレンド:FOOD FOR FUTUREをテーマに、クリエイティブな日本食文化の提案等をグローバル視点で展開。フランス・アメリカ等海外在住歴と建築デザイン業界でのバックグラウンドを生かした独特の世界観をフード業界で邁進中。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s